はんていさん

事故やニュースなどの画像から車種を判定します。

プラド

【福岡】交通事故で女性2人死亡 那珂川町と博多区

20130801トヨタ ランドクルーザープラド

福岡県内で31日夜に交通死亡事故が相次ぎ、筑紫郡那珂川町では50代の女性が、福岡市では70代の女性が死亡しました。警察によりますと、31日午後9 時20分ごろ、筑紫郡那珂川町片縄東の国道で、オフロード四輪駆動車が、横断歩道ではない所を渡ろうとしていた女性をはねました。はねられたのは、近くに 住む無職の岩本潤子さん(56)です。岩本さんは搬送された病院でおよそ50分後、死亡が確認されました。車を運転していた18歳の会社員の男性は「目の 前に人がいたので、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。また31日夕方には、福岡市博多区板付で自転車とトラックが衝突す る事故があり、自転車に乗っていた山田静江さん(71)が意識不明の重体でしたが、1日朝死亡が確認されました。
続きを読む

【続報】福岡3児死亡の飲酒運転事故で和解

【関連記事】福岡の幼児3人死亡、追突した福岡市職員を逮捕

20121017福岡飲酒運転事故

6年前、福岡市で幼いきょうだい3人が飲酒運転の車に追突されて死 亡した事故で、きょうだいの両親が、車を運転していた福岡市の元職員の男ら4人を相手取り、損害賠償を求めていた裁判で、元職員らが真剣に反省して陳謝し たうえで損害金を支払うことなどで和解が成立しました。

この事故は、平成18年8月25日の夜、福岡市の橋で、一家5人が乗った乗用車が飲酒運転の車に追 突されて海に転落して、幼いきょうだい3人が死亡したものです。酒を飲んで乗用車を運転していた28歳の元福岡市職員は危険運転致死傷などの罪で懲役20 年の刑が確定しています。
亡くなったきょうだいの両親は、元職員と車の所有者である父親、それに事故当時、一緒に車に乗っていた男性2人の合わせ て4人を相手取って、およそ3億5000万円の損害賠償を求める民事裁判を起こし、審理が続いていました。17日は、福岡地方裁判所で、裁判官と双方の弁 護士が出席した協議が開かれ、和解することで双方が合意しました。
和解の内容は、元職員らが真剣に反省して陳謝し、亡くなった3人に対して哀悼の意を表すこと、元職員と父親が損害金を支払うこと、それに一緒に車に乗っていた2人が見舞金を支払うことなどとなっています。

“この6年2か月は長く苦しかった”

和解が成立したことを受けて、亡くなったきょうだいの両親が福岡市で会見しました。
会見には亡くなった子どもたちの遺影が置かれ、事故のあと生まれた3人の子どもたちも同席しました。
父親の大上哲央さんは「今回の和解ですべての裁判が終わったが、この6年2か月は本当に長くて、毎日が苦しかった」と振り返りました。
そのうえで「新たな人生の出発点として、前向きに生きていこうと思います」と話しました。
ま た、母親のかおりさんは「亡くなった3人の子どもたちはいつも一緒にいると思っています。事故のあとに生まれた子どもたちにも、亡くなった3人のお兄ちゃ ん、お姉ちゃんのことをずっと伝えていきたいです。そして、自分たちの生活をゆっくりと立て直していきたいと思います」と話しました。



引用元

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121017/k10015821681000.html

福岡飲酒事故、被告の上告棄却 実刑確定へ (東京都)

【関連記事】福岡の幼児3人死亡、追突した福岡市職員を逮捕

 06年、福岡市で、飲酒運転の車に追突され、幼い子供3人が死亡した事故で、最高裁は2日までに、元福岡市職員の上告を退けた。危険運転致死傷の罪を適用した二審判決が確定する。  この事故は、06年8月、元福岡市職員・今林大被告が酒を飲んで車を運転した上、家族5人が乗った車に追突し、海に転落した幼い子供3人を死亡させたもの。  一審は、業務上過失致死傷の罪で今林被告に懲役7年6か月を言い渡したが、二審の福岡高裁は、より罪が重い危険運転致死傷罪を適用して懲役20年を言い渡し、今林被告が上告していた。  これに対し、最高裁は、今林被告が約8秒間、前方の車に気付かなかったことなどから、「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態だった」と認め、危険運転致死傷罪を適用した二審判決を支持した。  一方、5人の裁判官のうち、田原睦夫裁判官は事故直前までの運転の状況などから、「正常な運転が困難だったとは言えない」として、今林被告は、業務上過失致死傷罪にとどまるとの少数意見を述べている。

http://news24.jp/nnn/news89024402.html

福岡の幼児3人死亡、追突した福岡市職員を逮捕

 25日午後10時50分ごろ、福岡市東区奈多の「海の中道大橋」(750メートル、2車線)で、同市博多区千代1、会社員大上哲央(あきお)さん(33)一家5人の乗ったRV車(レジャー用多目的車)が乗用車に追突された。

 RV車は、歩道を乗り越えて金属製欄干(高さ1メートル)を突き破り、約15メートル下の博多湾に転落

 大上さんと妻かおりさん(29)、子供2人は漁船に救助されて病院に運ばれたが、二男倫彬(ともあ き)ちゃん(3)と長女紗彬(さあや)ちゃん(1)が死亡、大上さん夫婦は軽傷を負った。長男紘彬(ひろあき)ちゃん(4)も約3時間後に引き揚げられた が、死亡が確認された。

 福岡県警東署は26日、追突した車を運転していた同市東区奈多、市職員、今林大(ふとし)容疑者(22)を業務上過失致死傷、道交法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

 調べによると、現場は橋の中央付近。

 大上さん一家は東区・志賀島の金印公園にカブト虫採集に出かけ、25日午後10時30分ごろ、公園を出発して帰る途中だった。

 大上さんのRV車は3列の座席があり、かおりさんが助手席、紘彬ちゃんが2列目、倫彬ちゃんと紗彬ちゃんが3列目に座っていた。紘彬ちゃんと倫彬ちゃんはシートベルトを着け、紗彬ちゃんはチャイルドシートに座っていたという。


 今林容疑者は事故直前、同乗していた東区のタイル職人の男性(19)らと東区三苫のスナックで酒を飲んだと話しており、呼気からアルコール分が検出された。

 今林容疑者の車は現場から約300メートル先まで走って故障して止まっており、同署は飲酒運転が発覚するのを恐れ、逃走を図ろうとした可能性もあるとみて追及している。

 同橋は、半島状の「海の中道」と博多湾内の人工島(アイランドシティ)を結び、2002年10月に開通した。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060826it02.htm

続きを読む
管理人よりご挨拶
はじめまして

はんていさんtwitter
月別アーカイブ


  • ライブドアブログ