はんていさん

事故やニュースなどの画像から車種を判定します。

コルト

高松市 高齢女性2人はねられ1人死亡

20151216三菱 コルト

16日朝、高松市で横断歩道を渡っていた高齢の女性2人が乗用車にはねられ、1人が死亡しました。午前9時20分頃、高松市庵治町の県道の五差路交差点 で、横断歩道を歩いて渡っていた女性2人が右折してきた乗用車にはねられました。この事故で、近くに住む無職の岩国冨士子さん(84)が全身を強く打って 死亡。78歳の女性も軽いけがをしました。2人とも病院に向かう途中だったということです。乗用車を運転していた高松市庵治町の無職、奥村雪子容疑者 (68)は「歩行者の存在に気づかなかった」と話していて警察が過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。容疑を致死に切り替え、詳しい事故の状況を調べ ています。
続きを読む

交差点で車2台が衝突 61歳男性死亡、5人けが 岐阜

20150711トヨタ プリウス

 10日夜、岐阜県可児市の交差点で、乗用車同士が衝突する事故があり、61歳の男性が死亡し、5人がけがをしました。

 午後10時ごろ、可児市の信号のある交差点で、会社員の秋松淑子さん(58)が運転する乗用車が右折をしようとしたところ、反対車線から来た車と衝突し ました。この事故で、助手席に乗っていた夫の健弘さんが全身を強く打って死亡し、淑子さんも重傷です。もう一方の車にはパキスタン人5人が乗っていて、そ のうち男性1人が腿(もも)の骨を折る重傷、運転手を含む男性3人が軽傷だということです。警察は事故の原因を調べています。
続きを読む

幼稚園の送迎バスと乗用車が衝突、園児けが

20140421a

 21日午前8時半ごろ、静岡市葵区の市道交差点で、静岡田町幼稚園の送迎用のバスの右後ろに乗用車が突っ込みました。

 バスには園児10人と大人2人が乗っていて、園児4~5人が軽いけがをしている模様です。他の園児も病院で検査を受けましたが、すでに帰宅したということです。

 現場の交差点に信号はなく、バス側に一時停止の標識が設けられていました。
続きを読む

乗用車とトラック正面衝突 乗用車の高齢夫婦死亡 佐賀・太良町

20140225三菱 コルト

24日夕方、佐賀・太良町の国道で乗用車とトラックが正面衝突し、乗用車に乗っていた高齢の夫婦が死亡した。
24日午後4時すぎ、太良町の国道で、乗用車とトラックが正面衝突した。
この事故で、乗用車を運転していた菅崎幸男さん(76)と、助手席に乗っていた妻の知恵子さん(75)が死亡した。
トラックを運転していた男性は、軽傷を負った。
現場は、片側1車線のカーブで、菅崎さんの車がセンターラインをはみ出したとみられ、警察はくわしい事故原因を調べている。
続きを読む

東京・豊島区で5台が絡む玉突き事故、3人が軽傷

20140128東京・豊島区事故

 28日午後7時半過ぎ、東京・豊島区の国道で乗用車が信号待ちをしていた乗用車に追突しました。

 「がしゃっと音がして、その次はこっちががしゃっと音して」(追突された運転手)

 この衝撃で、前に止まっていた車が次々と追突して合わせて5台の車が絡む玉突き事故となりました。最初に追突した乗用車を運転していた40代の男性など3人が軽傷を負ったということで、警視庁は事故のいきさつを調べています。
続きを読む

国道で車36台がからむ多重事故 6人病院搬送 北海道・石狩市

20140129北海道・石狩市事故

北海道・石狩市の国道で、車36台がからむ多重衝突事故があり、6人が病院に搬送されている。吹雪による視界不良が原因とみられている。
事故発生から5時間以上、現場では、大型トラックが路肩に乗り上げていた。
石狩市の国道で、29日午前9時ごろ、「観光バスに車が追突し、女性1人がけがをしたようだ」と、消防に通報があった。
現場では、バスや乗用車など、あわせて36台が巻き込まれ、男女6人がけがをして、病院に運ばれた。
いずれも意識はあり、命に別条はないという。
事故に巻き込まれた人は「ほとんど前が見えない、地吹雪と降雪状態」と話した。
当時、現場付近は風が強く、地吹雪などで視界が悪かったという。
続きを読む

北日本中心に天気大荒れ 福島・会津若松市で玉突き事故、1人死亡

20130208福島・会津若松市で玉突き事故、1人死亡

8日は、北日本や北陸を中心に大荒れの天気となった。台風並みの強風に、激しい雪。福島県では、8日も悪天候によるとみられる事故が起きた。
向かい合うように止まっている2台の車は、共に前の部分が大破していた。
事故に巻き込まれた人は「地吹雪がひどくて、テールランプが光ったと思って、よけたら、もう正面衝突していた」と話した。
事故が起きたのは、福島・会津若松市の国道118号線。
警察の調べによると、8日午後1時50分ごろ、1台の乗用車が車線をはみ出し、対向車と正面衝突し、それを避けようとした、もう1台の車をも巻き込む事故となった。
事故に巻き込まれた人は「目の前も数メートル先も見えない状況」と話した。
この事故で、正面衝突した乗用車に乗っていた上野美紀さん(35)が死亡した。
もう1台の車に乗っていた男性が意識不明の重体で、さらに4人がけがをして、病院に搬送された。
激しい風が吹き荒れ、高波が防波堤を大きく越えて打ち寄せたのは、日本海に浮かぶ佐渡島。
発達した低気圧の影響で、北日本や北陸を中心に大荒れの天気となった。
暴風雪警報が出された青森市では、8日朝から猛烈な吹雪となった。
午前7時半ごろ、青森市では、立っているだけで、手袋に雪がどんどんと付着していき、そして風が強く、立っているだけで目も開けられない状態で、取材する記者のまつげにも雪が付着していた。
青森県では、八戸市で午前6時半ごろ、台風並みの最大瞬間風速27.8メートルを観測するなど、空模様は荒れに荒れた。
この天気に、青森市民は「きょうは、ことし一番寒いかも。青森に住んでいても、こんなに風強いってあまりない。寒いですね」と話した。
同じく暴風雪警報が出された北海道では、正午前、雪は小康状態になったが、目が開けられないほど風が強くなった。
そして、小樽天狗山スキー場では吹雪のため、午後になってリフトが運休した。
小樽市天狗山の頂上にほど近い場所では、猛吹雪で外に出るのも危険な状態となった。
北海道では、9日夕方にかけて、多いところで50cmの大雪が予想され、気象庁は警戒を呼びかけている。
一方、8日の東京も、ポカポカ陽気となった7日より、気温が5度以上も下がったうえ、強い風も吹いたため、体感温度は、さらに低くなった。
千代田区では正午ごろ、「きょうは寒いです。風がすごく強くて。部屋の中にいても、きょうはすごく寒くて、ヒーターとかつけて。子どもにも腹巻きさせて」との声が聞かれた。
その寒さの影響をまともに受けたのが、ランチタイムの屋台村。
手元の温度計で14度を記録した7日は、シャツ1枚で弁当を買い求める人がいるなど、大盛況となっていたが、8日正午は5.5度で、日差しが弱く、風も冷たいせいか、ランチのお弁当を買いに来る客の列もまばらだった。
空いている席がほとんどなかった7日とはうって変わって、8日のテーブル席はガラガラだった。
寒 風吹きすさぶ中、お弁当を食べている人は、「きのうは春みたいだったんですけど、きょうは冬です。真冬に戻りましたね」、「(お弁当冷えないですか?)も う冷えているので、(ふたで)隠しながら、風に当てないように」、「暖かい日と寒い日が交互に来るから、(気持ちが)ついていけないみたいな」などと話し た。
店の売り上げも、ジグザグ天気にあわせて変動。
7日に5万円だった売り上げは、8日は1万5,000円程度になってしまったという。
9日から3連休に入る日本列島。
雪などの予報が出ている地域では、注意が必要となる。
続きを読む
管理人よりご挨拶
はじめまして

はんていさんtwitter
月別アーカイブ


  • ライブドアブログ