はんていさん

事故やニュースなどの画像から車種を判定します。

交通安全教室

交通事故再現のスタントなどで、自転車の事故防止呼びかけ 江東区

20151108トヨタ クラウンマジェスタ

交通事故を再現するスタントなどが披露された。
東京・江東区で7日、自転車による交通事故防止のためのイベントが行われた。
このイベントには、警視庁の交通部長や江東区長、地域の交通少年団が参加し、交通事故を再現するスタントや、自転車を使った曲芸が披露された。
その後、主催者が子どもたちに自転車の交通ルールを説明し、事故防止を訴えた。
続きを読む

スタントマンが事故再現 銀座で交通安全イベント

20150506トヨタ プログレ

 東京・銀座で、スタントマンが自転車と車の事故などを再現して被害の大きさを伝え、交通安全の重要性を訴えました。

 銀座の外堀通りで行われた交通安全イベントでは、左折してきた車に自転車が巻き込まれたり、見通しの悪い道路で飛び出した自転車が車にひかれるなどの事 故がスタントマンによって再現されました。他にも、携帯電話やヘッドホンをしながら自転車を運転して事故になるケースも示されました。
続きを読む

女性白バイ隊が交通安全の講習会 バイク事故再現も

20141215日産 ティアナ

 東京・日野市で、学生を対象に警視庁の女性白バイ隊員による交通安全の講習会が開かれました。

 女性白バイ隊員による講習会は、日野市の明星大学で、通学でバイクや自転車を利用している学生を対象に行われました。スタントマンが、実際に起きたバイ クと自転車の事故などを再現したほか、女性白バイ隊員が事故原因などを説明して、バイクに乗る際にプロテクターを着けて体を保護する重要性を訴えました。
 講習を受けた学生:「自分もバイクに乗るので、気を付けたいと思った」
 バイクのドライバーが一時停止などの交通ルールを守らずに事故を起こすケースが増えていて、警視庁は注意するよう呼び掛けています。
続きを読む

中学校でスタントマンが“自転車事故再現”

20140905スバル インプレッサ

自転車事故の危険性を認識してもらおうと、スタントマンが実演で事故を再現する安全利用講習会が、福岡市の中学校で開かれました。

福岡市博多区の席田中学校で開かれた講習会には、生徒や地域の住民およそ750人が参加しました。

講習会では、スタントマンが実演で自転車と車の衝突事故を再現しました。

この講習会は、自転車事故を目の前で体験することで危険性を認識してもらおうと市や県警が主催したものです。

福岡市内では去年、年間の自転車事故件数が16年ぶりに3000件を下回るなど減少傾向にありますが、それでも、交通事故全体の4分の1を占めています。

福岡市などは「自分の運転を見直してほしい」としています。
続きを読む

事故を疑似体験 スタントマンの交通安全教室

20140520トヨタ ビスタアルデオ

県内では、交通死亡事故が相次いでいますが、
県立波佐見高校で、19日、スタントマンによる交通安全教室が開かれました。
続きを読む

自転車事故を再現し、交通安全考えるイベント 東京・三鷹市

20130921トヨタ クラウン

秋の全国交通安全運動の初日の21日、東京・三鷹市で、自転車の事故を再現し、交通安全を考えるイベントが開かれた。
21日のイベントでは、自転車とバイクや車が接触する事故がスタントマンによって再現される、「スケアードストレイト」が行われた。
再現を見た女の子は「怖かった。歩くときに気をつけようと思った」と話した。
都内では、2013年に入って自転車の事故で21人が死亡していて、警視庁は、交通ルールの順守と反射材用品の使用などを呼びかけている。
続きを読む

あえて事故に遭う怖さを見せる交通安全指導を取材しました。

20130711日産 ローレル

もうすぐ子どもたちは夏休みを迎えます。行動範囲が広がり、慣れない場所で自転車に乗る機会も多くなりますが、そ れにともなって、交通事故も増える傾向にあるようです。子どもたちを事故から守るために、あえて事故に遭う怖さを目の当たりにさせる交通安全指導を取材し ました。

7月5日、東京・多摩市の多摩永山中学校の校庭に集まった中学生たちは、なにやら緊張した面持ちだった。
しばらくすると、皆、おびえた表情に変わった。
彼らのすぐ目の前では、自転車事故の恐ろしさを、スタントマンが再現していた。
多摩中央警察署の池田正博交通課長は「事故が発生したときの大きな衝撃音だとかというのを感じていただいて、事故に遭うと、本当に大変なことになるんだというのを感じていただけたらと」と話した。
これは、「スケアード・ストレイト」と呼ばれる教育方法。
恐怖を実感することで、危険な行為を予防しようというもの。
こうした指導法の背景には、子どもたちの自転車事故があった。
東京都内だけ見ても、2013年5月末までに発生した、中学生以下の子どもがからむ交通事故のうち、500件以上が自転車に乗っているときの事故だった。
その多くは、一時停止などを怠ったことが事故原因の1つとみられている。
小学6年生の岡田康平君(11)は2年前、自転車で走行中、交差点で車と衝突した。
原因は、岡田君の不注意だった。
岡田君は「ここに来た時に、止まらずに来たら、車があっちから来て、ぶつかって引きずられていった」と話した。
この経験が、岡田君に変化をもたらした。
岡田君は「急いでいても、右左はちゃんと見て止まって、渡るようにしています」と話した。
でも、もし事故に遭う前に、その恐ろしさを学んでいたら。
交通安全教室に参加した生徒は「きょう、本当に事故を見てみると、怖くて、これからは、絶対に気をつけようと思います」、「これからは、自分がああいう姿にならないように、自分が人を傷つけないように、やっていけたらいいなと思います」と話した。
事故の恐ろしさを目に焼きつけ、安全運転を心がけてもらう。
スケアード・ストレイトには、交通安全意識を高める効果が期待されている。
続きを読む
管理人よりご挨拶
はじめまして

はんていさんtwitter
月別アーカイブ


  • ライブドアブログ